貯びっと日記

低所得・投資初心者のちょびっとした投資雑記ブログ。

ちょっとのお金をどう活用するか…実体験を通して自由に書いていくことを目標にしています。

投資信託・ロボアドの投資状況をちょびっと公開

 投資信託とロボアドはほぼ放置プレー状態なので、久しぶりにちょびっと覗いてみました。投資してからどういう状況なのかレポートします。

 投資信託は基本的にインデックスファンドをメインに投資をしています。それぞれ個性があります。選んだファンドは投資信託の関連書籍を読んでから購入した商品になります。すべて分配金なし。再投資コースで毎月積み立てで運用しています。

SBI証券の投資信託

f:id:holyknightseiya1234:20190319203512p:plain

 現時点での投資金額は123,000円になります。現在の毎月の掛金は合計5000円。内訳は以下の通りです。

三菱UFJ国際-eMAXISバランス(8資産均等型)・・・2000円

三菱UFJ国際-eMAXIS先進国株式インデックス・・・500円

三井住友TAM-SBI資産設計オープン(資産成長型)・・・2000円

三井住友TAM-SMTグローバル株式インデックス・オープン・・・500円

利回りは

5,630円/123,000円×100%

=4.577235772%

になります。

 SBI証券でやっている投資信託は2017年からスタートしました。2018年のクリスマス暴落は全部評価損を抱えていました。

マネックス証券の投資信託

f:id:holyknightseiya1234:20190319182902p:plain

投資金額は130,000円です。現在の毎月の掛金は合計5000円。内訳は以下の通りです。

ひふみプラス・・・500円

野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型・・・1500円

iFree 8資産バランス・・・1000円

世界経済インデックスファンド・・・2000円

利回りは

3,450円/130,000円×100%

=2.653846153%

 2018年当初に始めた「ひふみプラス」だけがっつり評価損です。明らかに購入時期が遅かったのが評価損を抱える大きな理由のひとつであると考えられます。他の3つのファンドは2017年に購入を始めました。

ロボアド「THEO」

 THEOは毎月1万円ずつ行っています。資産運用方針は次の通りです。

f:id:holyknightseiya1234:20190319212514p:plain

 2018年4月から取引がスタートし、3月で12万円になりました。10万円超えたところからが運用方針の理想に近づいた資産状況になるとのことでした。

f:id:holyknightseiya1234:20190319211443p:plain

f:id:holyknightseiya1234:20190319211638p:plain

クリスマス暴落の時には9%ほどマイナスでした。銘柄別にみると以下の通りです。

f:id:holyknightseiya1234:20190319211933p:plain

f:id:holyknightseiya1234:20190319212042p:plain

合計金額は次の通りです。

グロース・・・77,398円

インカム・・・32,206円

インフレヘッジ・・・10,278円

現金など・・・3,261円

利回りは120,000円の資金に対して2,745円(+2.29%)の益になりました。ロボアドも基本的にほったらかしです。結果は出してくれるものと期待をしています。

現時点での評価損益

 SBIとマネックス、ロボアドの投資金額は373,000円になります。評価損益は11,875円の益になります。

合計利回りは

11,875円/373,000円×100%

=3.183646112

になりました。

終わりに

 投資信託は毎月10,000円でロボアドも毎月10,000円の合計20,000円投入しています。そのまま預貯金に置いていてもいいのでしょうが、利息は微々たるものです。投資信託を買い続けることで資産を大きくする結果が出てきています。

 買っているファンドで一番好きな投資信託は「野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型」が好きです。2018年のクリスマス暴落も評価は益でした。純資産が増え続けている商品がやはり成績が良いように思えます。

 最近、ブログを覗くことはしていましたが、更新は訳あってちょびっと放置しておりました。訳というのは断捨離に・・・もうちょびっと力を入れるべきということで、基本的に自宅の片づけばかりでした。メルカリで出品したりオークションに出したり、売り上げはもちろん投資へということで、しばらくそんな生活を送ります。