貯びっと日記

低所得・投資初心者のちょびっとした投資雑記ブログ。

ちょっとのお金をどう活用するか…実体験を通して自由に書いていくことを目標にしています。

はじめてのふるさと納税!どのようなものか?ちょびっとだけやってみた件

 1ヶ月ほど前の話・・・ふるさと納税で総務省が過度な返礼品を行っている自治体を公表・苦言を呈する。そのようなニュースが話題となりました。

www.nikkei.com実際に下記のリンク先のように情報が公開されています。

総務省|ふるさと納税に係る返礼品の見直し状況についての調査結果(平成30年9月1日時点)

http://www.soumu.go.jp/main_content/000573243.pdf

何かと話題のふるさと納税ですが、著者もやってみたいということで、やってみました。

ふるさと納税とは・・・

 皆さんご存知でしょうが、簡単に・・・

 応援したい自治体へ寄付することで返礼品をもらえ、翌年の住民税が控除される仕組みとなっています。寄付額のうち個人の負担金は2000円で、それ以上の寄付を行うと2000円を超えた部分が控除の対象とのこと。ちなみに基本的に返礼品は寄付額の3割の金額となっています。

ということは1万円寄付をすると

個人負担2000円

返礼品3000円

住民税控除8000円

1000円お得という計算です!

今回は10000円寄付を行いました。

f:id:holyknightseiya1234:20181104132045p:plain

納税はどこを利用したか?

furusatonouzei.yahoo.co.jp 今回はYahoo!でふるさと納税を行いました。やはりTポイントが使えるというところが利用したポイントです。ちなみにヤフーショッピングで貯まった期間固定Tポイントも使えます。

何が欲しいのか?決済方法は?

 返礼品目的というのは本来の趣旨とは違うかもしれません。本来ならばどこに寄付をするかが重要なところではないかと思っています(^^;)

 今年は災害の影響で野菜が高いと思っております。実際にどうなのか独立行政法人農畜産業振興機構の文書を見てみました。

野菜の需給・価格動向レポート(平成30年10月15日版)

https://vegetan.alic.go.jp/vegetable_report/301015_kakaku_report.pdf

ということを踏まえて、野菜の詰め合わせセット目当てで寄付を行いました。10000円で野菜セットの検索をしてみると・・・

f:id:holyknightseiya1234:20181104132830p:plain

 ありました♪今回は宮崎県綾町に寄付を行いました。この野菜の量を2000円で買えるのか?と思うとかなりお得だと思います。

f:id:holyknightseiya1234:20181104133646p:plain

決済は期間固定Tポイントを利用し、クレジット払いです。またYJカードなので9300円分のTポイントが後ほど入るのでお得です。

 

 

ふるさと納税後の手続き

 確定申告をする!しかしながら、人によっては確定申告の手続きを取る必要がないようです。その制度がワンストップ特例制度。著者もその対象者なのでそれを利用します。

furusatonouzei.yahoo.co.jp ちなみにこのサイトには控除額のシミュレーションがあるため、いくらまでふるさと納税ができるのかがわかります。

f:id:holyknightseiya1234:20181104171418j:plain

ふるさと納税後には上記のような書類と返信用封筒が送られてくるので必要書類を添付、記入して送り返せば、来年の税金が控除されるようです。

宮崎県綾町とは・・・

 ふるさと納税は「宮崎県綾町」というところに10000円分行いました。

綾町についてはこちらへ→綾町役場 - aya town -綾町 - Wikipedia

 照葉樹林が広がる内陸部の自治体のようでした。

届いた返礼品

 納税をして2週間ほどで届きました。中身はこちらになります。

f:id:holyknightseiya1234:20181111183253j:plain

  10000円の寄付のうち3000円分が返礼率なので、3000円分の野菜セットになります。詳しい明細も入っていました。

f:id:holyknightseiya1234:20181111214646j:plain

 丁寧に農家さんの名前まで書いてありました。今回は個人情報の関係でボカシています。

 ワンストップ制度の受付連絡の案内書

 ワンストップ納税の申請書とマイナンバーの写し、身分証明書の写しを同封して送ると受付したという案内書(図①)が届きます。書類関係は役所、返礼品は地元業者ですので、返礼品とは別便になります。

 

f:id:holyknightseiya1234:20181111220437j:plain

これで来年の税金が確定申告をすることなく、控除されるようになるとのことです。

※住所等の変更がある場合は期日までに変更届(図②)の提出が必要です。

 

終わりに

 納税というとイメージでは給与所得からたくさん引かれて、嫌な気持ちになります。しかしふるさと納税は納税というイメージを払拭できる方法です。ふるさと納税をすればお買い得な気持ちになると思います。しかも来年は住民税が控除されるというので、2000円の買い物をしただけということです。

 返礼率が3割なので、やるとすれば元が取れる金額である、2000円÷30%≒6,667円以上すべきだということではないかと考えています。

 個人的な考えですがふるさと納税は10000円以上がお得ではないかと感じました。ヤフーで行うと期間固定Tポイントも使えますので、期間固定ポイントを間接的に現金化できる方法だと思います。住民税は年収に応じて変わるので、来年はシミュレーションの活用と見極めながら複数回の利用をしたいところです。

f:id:holyknightseiya1234:20181015205259p:plain