貯びっと日記

低所得・投資初心者のちょびっとした投資雑記ブログ。

ちょっとのお金をどう活用するか…実体験を通して自由に書いていくことを目標にしています。

いろいろな資産運用シミュレーションをちょびっと試してみる

 世の中には様々な商品があります。どの商品が良いのか?プロフェッショナルでもかなり勉強をしないとオススメ商品の説明はできませんし、民間の会社が扱う商品にも様々な特徴があります。素人には完全にお手上げだと思います。やはり実際にそれぞれの方法で資産運用した場合の比較をしなければなりません。

投資信託はもちろん、民間保険会社の個人年金保険、定期預金、定期積金など。

今回はこれらの一般的な比較シミュレーションをしてみたいと思います。

資産運用シミュレーションの例

 仮に・・・の話です。

毎月定額で1万円ずつ30年に渡って積み立てた場合、実際にいくらになるのか?

 

 タンス預金(自宅金庫)、通常貯金、定期積金、民間保険会社の年金保険、投資信託でシミュレーションしたいと思います。今回は税金は考えずにしたいと思います。税金は時の税制政策により変わってくるためです。

タンス預金(自宅金庫等)

 自宅保管で1万円ずつ単純に毎月30年積み立てた場合の話です。

  1万円×12ヶ月×30年=360万円

 結果は3,600,000円です。当然利息は付きません。額面だけの結果です。ただしタンス預金にもリスクがあります。火事や災害による消失や盗難です。

通常預金

 JAバンクさんのホームページよりシミュレーションしやすいツールを見つけましたのでやってみました。

www.jabank.org

今はほとんどの金融機関が通常預金の金利0.001%を採用していますので、入力画面で0.001%で設定し、毎月1万円ずつ30年間で行うと・・・

f:id:holyknightseiya1234:20180411211006p:plain

 結果は、3,600,541円となるようです。30年頑張って541円です。衝撃の利息です。リスクがあるとすれば、今は銀行さんも倒産する時代です。銀行さんもJAさんの場合も倒産や金融政策によるものがリスクと考えられます。しかし銀行が倒産した場合は預金保険制度という法律があり、元本10,000,000円と破綻日までの利息が保護の対象になります。

定期積金

積立計画シミュレーション | JAバンク

 これも先ほどと同じJAバンクさんのシミュレーションでやってみました。毎月1万円ずつ30年間に渡って定期積金を実施した場合の設定です。下記の画像のようになりました。ちなみにおおよそ今の定期積金の利息は0.01%ほどのようです。

f:id:holyknightseiya1234:20180411210436p:plain

 30年後の金額は3,616,245円になります。先ほどの541円に比べたら、お得にはなるようです。リスクは先ほどの通常預金であげたものと同じです。

民間保険会社の年金保険

 民間保険会社の年金保険も何種類かありますが、とりあえず毎月1万円ずつを30年間した場合に限定して調べてみました。簡単なシミュレーションツールが見つけることができませんでした。保険会社の種類により多少の結果が異なるため、下記サイトを参考にしたいと思います。

hokensc.jp上記サイトに下記の表がありました。ちょうど表の一番上がこの記事のシミュレーションに合致しますので参考にします。 

f:id:holyknightseiya1234:20180411212542p:plain

 積立金額は受取総額のことなので、3,960,000円になります。民間の保険会社で年金保険をした場合のリスクはやはり保険会社の倒産でしょうか。しかしその場合は、生命保険会社保護機構というところが契約者の保護を行います。

投資信託

 金融庁のホームページで簡単に計算ができるツールを見つけました。

www.fsa.go.jpこのサイトに飛べば簡単にシミュレーションができます。ちなみに今回は下記画像のように設定してやってみました。

f:id:holyknightseiya1234:20180411210431p:plain

著者は投資信託5%を目標に運用を行っていますので、そのように設定しました。結果は・・・8,322,586円です。これは運用しだいで変わってきます。ちなみにリスクを考えると、元本割れのリスク、景気変動などが考えられます。確実にその額とは言えませんし、金額は毎日変動します。

シミュレーション結果の比較

タンス預金(自宅金庫等)・3,600,000円

通常預金・・・・・・・・・3,600,541円

定期積金・・・・・・・・・3,616,245円

民間保険会社の年金保険・・3,960,000円

投資信託・・・・・・・・・8,322,586円

 

終わりに

 やはりシュミレーションで見ると投資信託が一番大きいリターンであるとわかると思います。ただやはり金融リテラシーの観点リスク管理の観点から、貯びっとずついろんな商品に積み立てていたほうが良いと著者は考えます。ただし今回このように例えばの話でシミュレーションをしましたが、確実にこうなるとは言えません。これは注意してほしい点です。あくまでおおまかなシミュレーションになります。金額は変動しますし、どれも運用実績次第だからです。参考にしていただければと思います。

 

投資は自己責任でお願いいたします。また初心者はあくまで自己資金で貯びっとずつの投資をと思います。借り入れはNGです。