貯びっと日記

低所得・投資初心者のちょびっとした投資雑記ブログ。

ちょっとのお金をどう活用するか…実体験を通して自由に書いていくことを目標にしています。

投資へのちょびっとした第一歩

 これまでは投資の理論や初心者が選ぶべき投資先について紹介してきました。

とりあえず初心者は株や債券、不動産などがパッケージとなった投資信託を選んで投資をしましょう!インデックスファンドがいいですよというのが前回の記事でした。

www.tyobit-diary.work

 今回はどうやって投資をしていくのか実践的導入部分へ向けて、証券会社を選ぶということを考えていきたいと思います。

 

証券会社とは

 ご存知の方も当然多いです。誰しも聞いたことはずです。TVではCMもしていたりと。

 ここはもう紹介することもないと思いますが、証券会社はお客様が株や投資信託などの購入を取次ぎする会社になります。逆に銀行はお客様からお金を預かって、貸付を行ったりする企業です。この証券会社はけっこう多く存在しています。しかもそれぞれに特徴があります、この選択で運用の仕方が変わるといってもいいくらいだと思います。これから自分が行うスタンスを考えてから証券会社に口座を開設していくべきだと著者は思っています。

 証券会社は総合証券とネット証券とあります。たくさんブログに書かれているため、詳しい違い等についての話はそちらを見ていただければと思います。

ネット証券と総合証券の違い | 株式投資初心者ガイド

総合証券とネット証券の違い | 株初心者 - みんなの株式 (みんかぶ)

詳しく書かれていますが、ここではちょっと補足したい部分のみ扱いと思います。

総合証券

 大きなところといえば、野村證券さんや大和証券さんなどなどたくさんあります。地方の都市などに支店があり、職員が顧客と向き合う窓口を開設しています。銀行に近い感じで、昔ながらの証券会社だと思います。ネットができる前はこれが普通でした。支店があるということはそれだけ人件費がかかります。これが手数料の高さに繋がります。しかし人件費以上の相談に乗ってくれると思えば手数料は安いのかもしれません。

www.onecareer.jp リンク先を見ると大変簡単にまとめられています。著者も証券口座開設時には参考にしました。

ネット証券

 上記のサイトなど見ていただければわかるように手数料が安いです。インターネット上で口座の開設などができ、セミナーなどの必要な情報はページの中に書いてあったりします。支店がないため、人件費を低く抑えられているのが手数料が低い理由の1つであると思います。総合証券と違い、対面式の相談はありません。必要な情報は自分で調べないといけないのがネット証券であると思ったほうがいいと思います。

実際にSBI証券、マネックス証券、楽天証券、GMO証券などなどたくさんあります。

 

diamond.jp ランキングを見れば証券会社の特徴を比較ができると思います。著者も選ぶ際には参考にしました。

ネット証券会社がお金を預かるということ・・・

 ネットの証券会社にお金を預けて大丈夫なの?と疑問や不安になるかと思います。証券会社ではないですが、2018年1月にはコインチェックという仮想通貨の取引会社がNEMという仮想通貨をハッキングされ、大きな流出事件が起きました。著者も被害者の一人です(笑)このような記事や報道を見て、証券会社もハッキングされて、お金を失うんじゃないの?と思うことでしょう。仮想通貨はまだ発展途上であるため、ハッキングのリスクは大きいです。しかし、今回はこの流出事件で一喝するほど、顧客の資産を大切に思っている経営者がいます。SBI証券の北尾社長です。

北尾吉孝 - Wikipedia

SBI証券の会社を運営しています。

終わりに

 著者は ネット証券と総合証券の証券口座をそれぞれ持っています。やはりメインは手数料が安いネット証券です。インターネット上でお金をやり取りして大丈夫なのかと思うかもしれませんが、上記の記事を読んでいただければ少しは安心できるのではないでしょうか。投資は自己責任でお願いいます。