貯びっと日記

低所得・投資初心者のちょびっとした投資雑記ブログ。

ちょっとのお金をどう活用するか…実体験を通して自由に書いていくことを目標にしています。

初心者が知っておくべき投資のちょびっとした仕組み①利息

 これまで貯金より投資がいいですよと書いてきました。じゃあ、投資ってどうするの?っていう話になりますが、ここでは投資する前に二つの考え方を頭の片隅に入れて欲しいと思います。今回の話ではそのうちの1つ「利息について」を覚えて欲しいと思います。

単利利息

 もうすでにちんぷんかんぷんだと思います。利息の説明は以前「なぜ貯金より投資なのか?銀行の金利について」でお話をしました。利息の意味は、簡単に言うと「銀行などが運用して得た利益をお金を預けてくれた報酬としてもらえる」ということです。今はすごくその利息が低いです。銀行の利息のつけ方は単利利息と呼ばれるものです。

単利利息とは預けてくれている元金に対してのみ利息が付きます。定期預金などの場合は単利利息がずっと続きます。

f:id:holyknightseiya1234:20180219224511p:plain

 ※画像は著者が作りました。

複利利息

では複利利息とは・・・図で見てみたいと思います。

f:id:holyknightseiya1234:20180224004327p:plain

 ※画像は著者が作りました。

 新規預入から1年目終了時は単利利息と同じになりますが、2年目開始時は「1年目終了時の元金+1年目の利息」が元金になります。それが1年後にプラスで利息が付きます。3年目開始時は「2年目終了時の元金+2年目終了時の利息」が付きます。言葉での表現は難しいですね。下記のイメージです。

 

1年目:元金+利息

2年目:(元金+利息)+利息

3年目:[(元金+利息)+利息]+利息

・・・・

 

利息がさらに利息を生んでくれる仕組みであるとわかるのではないでしょうか。

 

この複利効果は

 人類が作ったお金がお金を呼ぶ最強の仕組みです。

 

 ではなぜこれを銀行さんがしないのかというと、利息に利息を付けていったら、銀行の儲けが減るからです。

クレジットカード会社さんや銀行のローンはどうかというと・・・

儲けないといけないため、複利利息でお客様へお金を貸しています。

 

投資はどっち?単利?複利?

 投資において、特に投資信託は複利効果を期待することができます。ちなみに投資信託でも私個人がお勧めしているのは配当金なし。それと償還日が無期限であることです。

投資信託って何のことやらだと思います。投資信託とは簡単に言うといろんな株式や債権などに投資家から集めたお金を増やすために運用する仕組みです。

 

ここで言いたいことは・・・

 

人類が考えて作ったお金がお金を呼ぶ最強の仕組みの複利効果を投資からは期待することができるということ。

これだけ覚えればいいと思います。

終わりに

 投資はあくまで自己責任です。自分から投資をしても他人に責任転嫁はやめましょう。また詐欺に合わないためにも勉強は欠かさないようにしましょう。