貯びっと日記

低所得・投資初心者のちょびっとした投資雑記ブログ。

ちょっとのお金をどう活用するか…実体験を通して自由に書いていくことを目標にしています。

貯びっとクレカ節約術

 前回の話と大きくそれますが、私自身、最近この件に関して、今後を左右せざるを得ない状況になりましたので、取り急ぎ今まで行っていたクレジットカードでの節約術について書きたいと思います。

 YJカード(JCB)

https://blackoji.net/wp-content/uploads/2017/03/3110621954fc58a56a9675b0110fa5d1-e1492012106616.png

 私はこのカードがメインのクレジットカードです。他にも複数のクレジットカードを所有しています。

card.yahoo.co.jp

なんとこのカードはTポイント還元率1%のカードです。Tポイントと提携していないお店でもTポイントが貯まるという最強のカード。クレジットカードは後日通帳からの引き落としか、振込みでの後払いになり、急な出費の場合は大変助かるものです。クレジットカードによってはポイントの利用方法をめんどくさく、使わない方も多いと思いますが、Tポイントカードは普及率も高く利便性が高いため、手軽に使えるクレジットカードとなっています。

 

nanacoクレジットチャージ

nanacoカードはセブンイレブンやイトーヨーカドーなどで使える現金チャージ方式の電子マネーカードです。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d7/Nanaco_CARD.jpg

提携店はTポイントほど多くありませんが、利用者が多いカードの1つです。

実はこのカードはJCBのクレジットカードであれば紐付けをすることができる仕組みになっています。紐付けとはクレジットカードから現金をチャージすることができるということです。

チャージの仕方は多くブログで書かれていますのでそちらを見ていただければと思います。大変わかりやすいブログを見つけました↓↓↓

Yahoo! JAPANカード(YJカード)でnanacoにチャージする方法【完全ガイド】 | 楽ラク節約錬金術

YJカードと紐付けチャージをすると、そのチャージ分の1%がクレジットカードのTポイント利用分として還元される仕組みとなります。さらにセブンイレブン等でnanacoカードを利用すると100円ごとにnanacoポイントが1ポイント付きますので、ポイントの二重取りができます。

 公共料金の支払いでもポイントでキャッシュバック!

 公共料金の支払いもセブンイレブンでnanaco払いができます。しかし公共料金の支払い自体でnanacoカードにポイントは付きません。つまりコンビニのレジ等で現金チャージし、公共料金の支払いは意味がないことになります。

 では、YJカードを使ってnanacoカードにチャージした場合はどうでしょうか?

そこではもちろんTポイントが付くことになります。nanacoカードは公共料金の支払いのためのカードではなく買い物のためのカードだからです。これを利用すれば人によってはかなりのTポイントのキャッシュバックになります。

税金の支払いでもTポイントが付くという構造です。

 

今後の状況

2018年1月31日にYahoo!カードの重要なお知らせがありました。変更内容は進呈するTポイントが変更になるそうです。

【現】
100円につき通常ポイント1ポイント進呈
【新】
200円につき通常ポイント1ポイント進呈

今までの還元率1%から0.5%へと改悪になるとのことです。変更は2018年2月28日(水)15:00のご利用分からとなっています。詳しくはリンクをしていますので、確認をしていただければと思います。

終わりに

 私自身、この節約術で、国民年金の追納や自動車税、固定資産税を納付していました。税金が10,000円ならば100円戻ってくる計算で、実質納税額は9,900円。国民年金の追納の場合は12月の年末調整で申告することでさらにキャッシュバックがあります。納める税金が多ければそれだけ負担が増えます。だからこそ少しでもお得な方法をと思っています。今回のこの発表は利用者にとって痛手であり、私も今後の支払い方法の再検討をしなければなりません。このような状況になってブログを書かざるを得なくなってしまったことが非常に残念です。